LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
 
Other tools
PROFILE
LINKS
OTHERS
RECOMMEND
50回転ズのギャー
50回転ズのギャー (JUGEMレビュー »)
ザ・50回転ズ
ジャケットだけだと、どう見てもアホバンド。
いやいや中身はもっとアホです!
例えるなら初期ミッシェル・ガン・エレファントがセックスマシンガンズをカヴァーした感じ。
RECOMMEND
RESPECTABLE ROOSTERS→Z a→GOGO
RESPECTABLE ROOSTERS→Z a→GOGO (JUGEMレビュー »)
オムニバス, MO’SOME TONEBENDER, 大江慎也, 斉藤和義, 勝手にしやがれ, dip, HEATWAVE, MAESTRO ALEXANDER, BAREBONES+FUTOSHI ABE feat.TAYLOW&SHINJI, CHUCK RIO
ルースターズのトリビュートアルバム。
バカバンドからかっこいいバンドまで色々参加してて面白い。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

かっちょえ〜〜!!
ミッシェルの最後です。
ちょっと泣ける。。
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
「茶の味」
映画日記 / 山ちゃん
茶の味 グッドテイスト・エディション
茶の味 グッドテイスト・エディション

石井克人監督作品 2003/日本/カラー/143分

キャスト:佐藤貴広(新人)、坂野真弥(新人)、我修院達也、手塚理美、三浦友和、浅野忠信、他

--ストーリー--
何とも説明しがたい内容です。
「茶の味」のサイトには
「石井克人監督(「鮫肌男と桃尻女」「PARTY7」)最新長編映画!《新・家族の風景》を描いた“ハルからナツへの小さなサーガ”。」
と書かれていました。
まあ、そんな感じでしょう。


主人公は春野さん一家のみんなですね。
全員キャラが濃くて、それぞれ何考えてるかわからなくて、でもみんなそれぞれ光るものを持ってて、そんな彼らがのほほんと田舎で生活しているんです。
それがまさに「茶の味」だなぁ〜と。

観てみないとわからないおもしろさだと思いますが、観ても面白くない人は面白くないと思います。
なんかこう、「悶々」とした内容です。

途中、「山よ」だったかな。まあ、そんなタイトルの何とも不可解な歌が出てきたりして、それがものすごく良かったです。

石井監督は、もう変態ですね。
こういう人大好きです。
タランティーノに気に入られるだけのことはありますよやっぱ。
この人は元々なんかCMディレクターとからしいですね。
旭化成のCMとか、富士通のFM-VのCMとか、まあ、一風変わったCMばかりです。
なんで、それ系のCMを観て、「んふ!」っと不覚にも笑ってしまうような人は観てみて損はないかなぁ〜と。

ってか、とりあえず観てみようかみんな。
ね。
| comments(6) | trackbacks(0) |
pagetop
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」
映画日記 / 山ちゃん
本年度、ジブリアニメの「ハウルの動く城」を抑え、「アカデミー賞 長編アニメーション作品賞」を受賞した「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」です。

--ストーリー--
年に一度の"巨大野菜コンテスト"に向けて、町中が盛り上がる中、正体不明のウサギの怪物が現れ野菜畑が食い荒らされるという事件が起きた。
害獣駆除隊「ANTI-PESTO」のウォレスとグルミット達は、コンテストの主催者である心やさしき美女「レディ・トッティントン」に野菜を守ってほしいと依頼された。
はたして、ウォレスとグルミットはこの事件を解決できるのか…。


いわゆる人形アニメーションです。
キャラクターなどは粘土でできていました。

以前紹介したティムバートンの「コープスブライド」とはベクトルの違うおもしろさだと思います。

ちょっとブラックな笑いも少々ありましたが、こちらはもっと明るい感じの笑いでした。
って言うか、バカです。
キャラクターのほとんどが、おバカさんなんですねぇ。
でも、ウォレスのペット(と言うか相方?)のグルミット(犬)が賢くて、言葉も鳴き声も発しないんですが、表情や態度で色々伝えようとするんですよ。
粘土の動きによる表現だけでよくあそこまで伝えることができるものだなぁと感心しました。

でもまあ、動きどうこうとか、技術どうこうってことをすっかり忘れさせてくれるぐらい素直に面白い内容でした。
進行もスピーディーで手に汗握る内容。
そして野菜畑のウサギたちに萌え萌えでした。

ちなみに日本語吹き替え版のほうを観たんですけど、主人公のウォレスの声を、欽ちゃんこと「萩本欽一」さんがやってて、まぬけな感じがしてとても良かったです。

DVDが出たら字幕版も観てみたいなと思います。

肩の力を抜いて楽しめる作品だと思いますので、デートやなんかで観に行ってみてはいかがかな?なんて。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
THE 有頂天ホテル
映画日記 / 山ちゃん
三谷幸喜監督、脚本、役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾ほか出演。

劇場で観ました。
素晴らしいです。

三谷さんの映画というのは始めて観ました。
なぜ今まで観なかったのだろうかと思うほど素晴らしい脚本です。
演出もとても面白かったです。

至る所に笑いがちりばめられていました。
そしてホテル内にはたくさんの従業員、たくさんのお客さんがいました。
それぞれにドラマがあって、それが面白い具合に絡み合っていくんです。
でも最後はその絡まり合った糸が全てほどけていくんです。
これだけ複雑な脚本を書ける人はそういないんじゃないでしょうか。
最後までいい気持ちで観られた映画でした。

上映中なのでこれぐらいで。
お勧めです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
コープスブライド
映画日記 / 山ちゃん
そうそう、昨日映画を見ました。
ティムバートンの「コープスブライド」。
ティムバートンはみんな知ってるよね?
「ナイトメアビフォアクリスマス」で有名なあの人。
あと最近は、「チャーリーとチョコレート工場」の監督もしてたっけね。
見逃しちゃったけど。

さてさて、いいよこれ。
字幕版は終了しちゃって吹き替え版しかなかったのがショックだけどそれでも十分面白かった!
まずね、動きがすごい!
「ナイトメアビフォアクリスマス」と同じで、人形アニメなんだけどね、もう人形の動きじゃないねあれは。
でも、CGでもない。
しかもコミカルで見てて飽きない。
カメラワークもコマ撮りアニメとは思えないような滑らかな動きでした。
キャラクターなんかも個性的で、もう、何から何までティムバートンワールドでした。
内容に関しては、ちょっと切なくて、最後危うくホロリとするところでした。。
見て損はない映画だと思います。
| comments(2) | - |
pagetop
映画日記移転のお知らせ。
映画日記 / 山ちゃん
映画日記はブログに移転いたしました。
今後も更新していくつもりです。どうぞよろしく。
| - | - |
pagetop
ハウルの動く城
映画日記 / 山ちゃん
ハウルの動く城
ハウルの動く城

劇場で観てきました。
何だか異様に好き嫌いの別れる映画のようですが、僕は好きです。
最近の宮崎映画には珍しく、テーマらしいテーマは無かった気がします。
今までの宮崎作品の集大成!みたいな感じで謳われていますが、そんなに大作!って感じではなかったです。
どちらかと言えばトトロや、魔女の宅急便みたいな、ほのぼのした感じの映画でした。
でも、城の動きとか、アニメとしての技術はやはりすごかったです!
それと、心配されていたキムタクの声に関しても全く違和感無く聞けました。
どちらかと言えば倍賞さんのほうが…
火の悪魔の声の我修院は最高!
どうして好き嫌いがこれほどまでに分かれるか考えてみたんですが、おそらく最近の宮崎作品にしては明確なテーマが存在していないため、また、ムダと思えるようなシーンがたくさんあり、観る人が戸惑ってしまったのではないだろうか。
それに、少し話の作り込みが足りないと思える部分もあった気がしました。
でも、そういうのもアリだと思います。
戦争してるシーンとかありますが、なんで戦争が起きたのかとか、どことどこが戦ってるとかってのも明確にされていませんが、あまり深く考えなくて良いと思います。
戦争なんてもんは基本的に深い理由なんて無いわけだし、ただの殺し合い、無意味な戦いとして捉えればよいと思います。
戦争の無意味さというのは、宮崎さんの他の作品でさんざんふれてますからね。
その辺の描写はあの程度で十分な気がしました。
キャラクターも楽しいし、雰囲気だけでも十分楽しめると思います。
これからご覧になる方は少し肩の力を抜いて、絵本を見るようなつもりで観てみてはいかがでしょうか?
そしたらきっと楽しめると思います。
| comments(0) | - |
pagetop
ウォルター少年と、夏の休日
映画日記 / 山ちゃん
ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション
ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション

シックスセンスやAIで名子役としての地位を確立したハーレイ・ジョエル・オスメント君が主演の映画です。
ハーレイ君演じるウォルター少年は、夏休みに、おじいさんたちの家にあずけられる。
このおじいさんたちが曲者…
なかなか少年に心を開いてくれない。
少しずつ仲良くなり、おじいさんたちの過去の武勇伝を聞かされる…
その内容は信じがたいものであったが…

面白かったです。
クレイジーなおじいさんたちも面白いし、武勇伝も最高。
でもあったかい話でした。
BigFishとなんとなく似た感じですが、また違った面白さです。
田舎臭いところもよかったし、主人公を取り巻く人たちもクレイジーで最高。
| comments(0) | - |
pagetop
| 1/3 | >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--